ジェロボーム株式会社 ジェロボーム株式会社
キリカヌーン ハインHP
TOPページ > 生産者紹介 > フランス > ハイン(コニャック)

Hine ハイン 

1791年、青年だったトーマス・ハインはイギリスのドルセットを旅立ち、フランス革命のさなかコニャック地方へと移り住みました。外国人という身分ゆえ、一度はスパイ容疑をかけられるものの、ジャルナックでコニャックの会社を経営する父を持つフランソワ・エリザベスと結婚し、以後はコニャック造りに新しい息吹を吹き込んでいきました。1822年にこの世を去るまでビジネスを繁栄させ、世界中でコニャックの品質が知られるまでに育てあげたのです。 ハインでは、コニヤック地方の有名なクリュのなかでも、グランド・シャンパーニュとプティ・シャンパーニュと呼ばれる地域から農家50組を選び出し、さらにその中から選定したブドウのみを使用し、長期間の熟成に適したコニャックを作り出しています。またVSOPクオリティー以上しか生産せず、法で定められた最低熟成期間より長く熟成させることにより常に高いスタンダードを保ち、日々250年もの伝統を築き上げているのです。


レア (フィーヌ・シャンパーニュ)
Rare (Fine Champagne)
 レア (フィーヌ・シャンパーニュ)

The ハインのコニャックの中でももっともデリケート。フルーツを連想させるアロマと、しっかりした芳醇な味わい。25種類以上のコニャックをブレンドしてできており「伝統的」なハインと言えるでしょう。
 
   

アンティーク XO (フィーヌ・シャンパーニュ
Antique XO (Fine Champagne)
 アンティーク XO (フィーヌ・シャンパーニュ)

軽くデリケートな香りにスパイスと強めのヴァニラのアロマが特徴的です。複雑かつバランスの取れた味わいと、ヴェルヴェットを思わせる、しなやかで豊かな舌触りを持っています。
 
   

トリオンフ (グランド・シャンパーニュ)
Triomphe (Grande Champagne)
 トリオンフ (グランド・シャンパーニュ)

グランド・シャンパーニュの中でも優れた区画から収穫し、年月をかけて熟成したオールド・コニャックの数ある中から50個を選び出し、ブレンドしてできた格別のコニャックです。まず複雑さを感じ、果実とフラワーそしてタバコ、それぞれの繊細なニュアンスが一体となり優美なフィネスと驚くほどの深さを生み出します。
 
   

ヴィンテージ 1975 (グランド・シャンパーニュ
Vintage 1975 (Grande Champagne)
 ヴィンテージ 1975 (グランド・シャンパーニュ)

この非常にパワフルな1975年のグランド・シャンパーニュはタンニンとスパイスが特徴です。丁子やスパイス、オーク・ウッドが印象的で、ボリュームがあり非常に長い余韻を感じます。
 
   

ヴィンテージ 1957 (グランド・シャンパーニュ
Vintage 1957 (Grande Champagne)
 ヴィンテージ 1957 (グランド・シャンパーニュ)

この淡い琥珀色のグランド・シャンパーニュは非常にしっかりとした印象。強くなりすぎず、ドライ・フルーツや乾いた皮革のような香りをみせ、気持ちの良い後口。フローラルと果実を連想させ、完璧なまでのバランスです。
 
   


Copyright(C)2003 JEROBOAM Co.,Ltd. All Rights Reserved