ジェロボーム株式会社 ジェロボーム株式会社
TOPページ > 生産者紹介 > アメリカ > オベロン

OBERON オベロン

ナパ・ヴァレーで生まれ育ったワインメーカーのトニー・コルトリンは35年以上のワインメイキングの経験をオベロンに注いでいます。ナパ・ヴァレーの中でも最良の畑から良質なブドウを選び抜く能力を持ち、またナパ地方特有の典型的なボルドー品種の育て方も理解しています。長年に渡り信頼関係を築いてきた地元のグローワーと共にオベロンに使用するプレミアムなナパ・ヴァレーのサブ・アペレーションから採れるブドウの品質管理を徹底しています。


Oberon Sauvignon Blanc Napa Valley
オベロン・ソーヴィニヨン・ブラン・ナパ・ヴァレー

醸造・ティスティング・コメント
冷却タンクと樽の両方で発酵を行うことで果実味を最大限に表現する。冷却タンク発酵でピュアな果実味とアロマを維持し、樽発酵でほのかなクリーミーさと余韻を与え、明るく自然な酸味、フレッシュな味わいに芳醇さと複雑さがバランスを与える。2012ヴィンテージはオソ畑で育てられたソーヴィニヨン・ムスクのクローンを多く含んでいることでさらに豊かなリッチさと表現力のあるアロマが加わっている。シトラスの香りから始まり、パイナップルそしてオレンジの花のように発展していく。

 葡萄品種
ソーヴィニヨン・ブラン 75.7%、ソーヴィニヨン・ムスク 24.3%
 
   

Oberon Merlot Napa Valley
オベロン・メルロー・ナパ・ヴァレー


メルローは主にウッデン・ヴァレーから

醸造・ティスティング・コメント
自然にタンニンを柔らかくし、品種のもつ複雑味を高めるため、マセレーションの時間を延長、プレス後、フレンチオーク樽(新樽45%)でMLFを行い丸みと深さを持たせた。シラーをブレンドすることでメルローのもつベリーフレーバーにニュアンスが加わった。凝縮したブラックフルーツのアロマに続くブルーベリーとチョコレートのフレーバー、そしてしなやかなタンニンが味わえる。

 葡萄品種
メルロー 85.5%、シラー 13.2%、他 1.3%
 
   

Oberon Cabernet Sauvignon Napa County
オベロン・カベルネ・ソーヴィニヨン・ナパ・カウンティ


ラザフォード、オークヴィル、オーク・ノール、ウッデン・ヴァレー、オソ

醸造・ティスティング・コメント
手摘み収穫後、除梗そして破砕。温度管理されたステンレスタンクで一次発酵後、マセレーションすることでフレーバーとタンニンの美しいマリア―ジュが生まれ、シームレスな質感を与える。樽でのMLFそして12カ月間熟成(フレンチオーク新樽45%)を行うことで、ワインに快活な赤いチェリー、砂糖漬けのブラックベリー、スパイス、ほのかなコーヒーそしてダークチョコレートの余韻を際立たせている。丘陵地帯の火山性土壌や深い沖積土壌からとれるブドウを使用することで、ワインに様々な表情を与え、結果的にまろやかな口当たりで、リッチかつ複雑味のある素晴らしいカベルネ・ソーヴィニヨンとなった。

 葡萄品種
カベルネ・ソーヴィニヨン 89%、メルロー 4%、シラー 1%、プティ・ヴェルド 1%、他 5%
 
   


Copyright(C)2003 JEROBOAM Co.,Ltd. All Rights Reserved