ジェロボーム株式会社 ジェロボーム株式会社
TOPページ > 生産者紹介 > イタリア > イル・パラジオ

IL Palagio  イル・パラジオ

イル・パラジオの歴史は1500年代中盤までさかのぼります。当時より農業用であったこの土地を、1700年代後半にマルテーリ家が購入し、その後彼らの繁栄につれ土地のサイズは拡大しました。1819年、サン・クレモン公爵の未亡人であるモンタウトのカルロッタ・バルボラーニ伯爵婦人がこの土地を購入しました。以後150年以上、代々家族に受け継がれ、ワイン、オイル、小麦、とうもろこし、テンサイ、桃、アプリコットとチェリーを生産してきました。

このエステートの所有者であるスティングと妻トュルーディは、14年前にこのエステートを見つけて以来、この土地のヴィラ、建物、オリーブ畑そしてワイン畑に元の輝きと栄光を与えるべく、常にその歴史と建築物を敬意を払い、オーガニックやビオダイナミックを取り入れました。その甲斐あって、イル・パラジオが生み出す美しさと雰囲気は訪れるゲストに安らぎと変化を与えるようになりました。

数年に渡り、高品質なオリーブオイルとハチミツ生産に成功を遂げ、現在はワイン生産においても同様の成功を遂げています。スーパー・トスカーナのシスター・ムーン、カジノ・デル・ヴィそしてキャンティ・ウェン・ウィ・ダンスはワイン愛好家や批評家から高い評価を受けており、ワイン産業においても輝かしい未来が約束されています。



Il Palagio, When We Dance 2011
 イル・パラジオ、ウェン・ウィ・ダンス2011

畑:南から南西に面する土地で、マグネシウムとカルシウムが豊富な砂と粘土の土壌。1ヘクタール辺りの収量は5000kg。

醸造:10月初旬に収穫し、ステンレス・スチール・タンクで発酵。マセレーションは10度で2日間、28度から30度で4-6日間、1日4回のポンプオーヴァーと2回のパンチ・ダウンを行う。マロラクティック発酵後6か月熟成、さらに3カ月、瓶内熟成。

テイスティング・コメント:フルーティでベリー、チェリーパイ、スパイスを感じます。味わいは丸みがあり、新鮮でシンプルですが、甘いチェリーや梅の風味を感じます。しなやかで、飲みやすくバランスのとれたワインです。

 葡萄品種
主に、サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、コロリーノ
 
   

Il Palagio, Casino delle vie 2009
 イル・パラジオ、カジノ・デル・ヴィ2009

畑:南から南西に面する土地で、マグネシウムとカルシウムが豊富な砂と粘土の土壌。1ヘクタール辺りの収量は5000kg。

醸造:10月初旬に収穫し、ステンレス・スチール・タンクで発酵。マセレーションは10度で2日間、28度から30度で4-6日間、1日4回のポンプオーヴァーと2回のパンチ・ダウンを行う。マロラクティック発酵後6か月熟成、さらに6カ月瓶内熟成。

テイスティング・コメント:繊細な中に、コクのあるチェリー、梅とブラックフルーツを感じます。ミネラルとスパイスを持ち合わせ、強い風味を個性とします。凝縮感がありながらも重くはなく、エレガントに仕上がっています。赤いチェリーや梅のニュアンスと辛口なフィニッシュはネッビオーロのようです。

 葡萄品種
主に、サンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、少量のメルロー
 
   

Il Palagio, Sister Moon 2009
 イル・パラジオ、シスター・ムーン2009

畑:南から南西に面する土地で、マグネシウムとカルシウムが豊富な砂と粘土の土壌。1ヘクタール辺りの収量は5000kg。

醸造:メルローは9月下旬、サンジョヴェーゼは10月初旬、カベルネ・ソーヴィニヨンは10月2週目にそれぞれ収穫し、ステンレス・スチール・タンクで発酵。マセレーションは10度で2日間、28度から30度で4-6日間、1日4回のポンプオーヴァーと2回のパンチ・ダウンを行う。マロラクティック発酵後6か月熟成、さらに6カ月瓶内熟成。

テイスティング・コメント:トスカーナらしさにエレガントさが加わり、芳醇なアロマ、ブラックベリーと梅、ほのかに感じるタールと砂利、そしてわずかにバルサミコ酢が香ります。味わいは熟していながら新鮮で、タールのような、スパイシーな骨格と甘いブラックフルーツを感じます。味わい深くスパイシーながら近づきやすいワインです。伝統とモダンの双方を取り入れた良く構成されたワインです。

 葡萄品種
サンジョヴェーゼ45%、メルロー45%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%

※ヴィンテージによってセパージュは若干異なります。
 
   
   


Copyright(C)2003 JEROBOAM Co.,Ltd. All Rights Reserved